MENU

最新の8コアCPUとRTX3070を搭載したゲーミングパソコンGALLERIA UL7C-R36

サードウェーブのようなBTOパソコンメーカーで、販売商品の大部分を占めるようになったガレリアシリーズ。

オンラインゲームの利用者は増え続けているのにあわせて、ゲームPCも高性能化が進んでいます。
参考データ:ファミ通

紹介するGALLERIA UL7C-R36は、多数あるガレリアのラインナップの中で最上位となる「Uシリーズ」です。

「U-Series」圧倒的な臨場感をもつゲーム体験を実現したGALLERIAの最高峰モデル

引用元:ドスパラモデル一覧

ゲームを最大限に楽しむためにパソコンに必要な性能は主に3つあります。

  • CPUの処理速度が早い
  • グラフィックボードの描写能力が高い
  • ディスプレイの反応速度が良い

上記の中でCPUやグラフィックボードは他のメーカーでも高性能パーツを搭載していますが、ガレリアUシリーズのようにリフレッシュレート240Hzのディスプレイを採用しているゲームパソコンは多くありません。

リフレッシュレートとは?
リフレッシュレートとは、1秒間にモニター(ディスプレイ)画面が何回書き換わったのかを意味する「モニター(ディスプレイ)性能」の値となります。

引用元:ドスパラ

ディスプレイの書き換え速度を高めることにより、ゲーム中の画面はなめらかに動くようになり、コンピューターの処理速度を最大限に活かすことも可能になります。

また、リフレッシュレートが低いと「画面のちらつき」の原因になるため、目の疲れの軽減にも効果があります。

リフレッシュレート
参考写真:ドスパラ公式リフレッシュレート

GALLERIA UL7C-R36はディスプレイ以外もガレリアのノートPCとしては最高水準のパーツで構成されています。

実機をお借りすることができたので、写真で紹介しながら詳しく解説していきます。

目次

GALLERIA UL7C-R36の性能諸元表

モデル名GALLERIA UL7C-R36
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-11800H (2.30-4.60GHz/8コア/16スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060 6GB + インテル UHDグラフィックス
メモリ16GB
バッテリー約9.6時間
SSD500GB NVMe SSD
ハードディスク無し
ディスプレイ15.6インチ 狭額ベゼル リフレッシュレート240Hz 非光沢フルHD 液晶 (1920×1080ドット表示)
WEBカメラHD画質 WEBカメラ/IR専用カメラ(Windows Hello対応)
サイズ356(幅)× 234(奥行き)× 21.6(高さ 最薄部) mm
重さ約1.96kg
持込修理保証保証期間1年

GALLERIA UL7C-R36のユーザーレビュー

GALLERIAUL7C-R36

ドスパラの公式サイトに掲載されている、GALLERIA UL7C-R36を購入した方の感想です。

2022年2月現在では27件の投稿がありました。一部を抜粋して紹介します。

fortniteでfps240が出るPCを探している時にちょうど発売されタイミング良く手に入れることが出来ました。実際に利用してみて、設定によりますが常時ではないですがfps240出ました。平均では170くらいといったところです。大変満足しています。

デスクトップPCでfpsを計測する人は多く見かけますが、ノートPCではほとんどのディスプレイが144hzなのでfpsを計測する人は少数派でした。

GALLERIA UL7C-R36は画面の動きにこだわる人が実際に購入し、速度も数値にも満足しているのがわかります。

届いてすぐにssd追加をしましたが 取り外しやすく初心者にも優しい設計なのが良い。エーペックスが平均188fpsで動き バイオハザード8が145位で動いてくれて快適に遊べてます。キーボード回りも熱くなりにくい 熱の対策もしっかりしてる感じがしました

プレイヤー数が1億人を超えるエーペックス(Apex Legends)は144fps以上あれば快適と言われています。

もしディスプレイがリフレッシュレート144Hzだと性能を使いきれてないことにもなってしまいます。

ドスパラで販売されているパソコンは分解のしやすさなどメンテナンス性も考慮して作られているので、あとからSSDを追加するのも難しくありません。

同時に空気の流れを考慮した内部構造としているためクーリング性能も良好です。

初めてゲーミングノートPCを購入しました。今までのノートPCよりサクサク動いて満足です。試しに原神動かしてみましたが、バランスモード、高設定で60fpsを問題なく維持できています。ファンの音はゲームの状況次第で可変。ベンチマークモード程の音にはならないですが、それに近い音まで上がるときはあります。

今までゲームPCを使ってこなかった人でもGALLERIA UL7C-R36の操作は難しくありません。

仕事でも動画編集など「重い」と言われる作業には最適な性能でもあります。

ゲームなどで大きな負荷がかかると内部では熱を発生しますが、背面から効率よく排気することで熱暴走を防止しています。

他製品と比較してコスパがもっとも良いと思い購入しました。性能に関してはこれから使用していくうちにわかると思いますが、今のところ満足しています。SSDは1Tを選択した方が良かったかも?しれません。フォートナイトしかインストールしていないのに残量が374GBになっているので。

ゲームだけではなくウィンドウズのシステム要件もディスクの必要空き容量を64GBとしていますし、ApexLegends推奨動作環境も22GBの空きディスク容量を必要としています。

ゲームによってはディスク容量は消費しますが、動画編集のデータなどを大量に保存しなければ不足することはありません。

ノートパソコンに内蔵ドライブの追加はできないので、不安な時はSSDを自分で換装する必要があります。

電源を挿してある状態でもバッテリーが100%にならない(97%で止まる)買ったばかりなのにバッテリーがへたっているのか心配なので、サポートセンターに確認したいと思っている

LANポートが反応しない(USB-Cハブ経由だとイーサネット接続はできますが)のが原因がわからず困っています。

精密機械であるパソコンは、ガレリアに限らず初期不良が発生することもあります。また、使い方がわからず製品本来の使用方法になっていないことも。

万一に備えドスパラでは24時間365日対応のサポートダイヤル0570-028-119を設置しており、初期不良にも対応してくれます。

詳しく見たい方はドスパラ公式サイトのユーザーレビューをご覧ください。

GALLERIA UL7C-R36が向いてる人

プロダクトアワード

GALLERIA RM5C-R36は価格.comプロダクトアワード2021 ゲーミング部門 ゲーミングPCカテゴリにおいて金賞を受賞していますが、ドスパラは他にも多くのゲームパソコンをラインナップしているため、ここでは管理人独自の目線で紹介します。

良いところ
  • 手数料無料の48回分割払いなら月々3,600円(税込)で買える
  • 8コア16スレッドのCore i7でマルチタスクの動作が早い
  • 薄型ボディで持ち運びもラク。9.6時間のバッテリー駆動時間

ドスパラでは手数料無料キャンペーンを実施しており、分割払いにかかる金利が0円です。

GALLERIA UL7C-R36はガレリアノートパソコンの中で2番目に価格が高く172,980円(税込)です。

48回払までの金利手数料が無料になるので、一括での購入がむずかしい方はドスパラ公式ページの分割払いシミュレーターで試算してみてください。

GALLERIA UL7C-R36に採用されているCPUとグラフィックボードは各ブランドの上位機種です。

CPUには論理プロセッサを16個搭載するCore i7を採用し複数のプログラムを同時に処理。グラフィックボードのGeForce RTX 3060と組み合わせることによって動作の速いゲームでもカクついたりすることはありません。

CPU動作画面
タスクマネージャー

ドスパラの製品ページで公表されているベンチマークスコアも、ガレリアノートパソコンでは2番目の性能です。

モデル名ベンチマーク価格
UL7C-R379028229,980円
UL7C-R368554172,980円
XL7C-R368346159,980円
XL7R-R367822162,980円
XL5R-R367463139,980円
データ:3D Mark Time Spy

高速なSSDは電源投入時の立ち上がり速度やソフトウェアの起動で速さを発揮し、16GBのメモリでプログラムを余裕を持って動かすことができます。

福数の作業を同時に行っても、ストレスなく動作します。

GALLERIA UL7C-R36は大画面、高性能であってもノートパソコンの利点である持ち運びやすさも犠牲にしません。

薄さだけを特徴とするなら他にも種類はありますが、RTX 3060というグラフィックボードを搭載しつつも最薄部は21.6mmという1円玉の直径と同じ大きさです。

またバッテリー駆動時間は約10時間あり、外出先で長時間の作業を行うときも電池切れの心配はありません。

良くないところ
  • 購入時にカスタマイズできることはほとんどない
  • ひとつ下位のモデルとの差別化をしにくい
  • ドライブ容量500GBは動画を溜め込むには不足気味

ガレリアノートパソコンは、全部で9のラインナップがあります。(2022年2月現在)

129,980円(税込)~229,980円(税込)の価格帯に9種類あるのでそれぞれの性能差が少ないです。

その反面、自分の好みに合わせて細かく仕様を選べるともいえます。

ただし、モニターのリフレッシュレートはGALLERIA UL7C-R36のU-Seriesになると240Hzとなり他のシリーズ(140Hz)の1.66倍です。

画面の動きに滑らかさを欲しいときはGALLERIA UL7C-R36を選びましょう。

ドスパラで販売しているBTOパソコンの特徴でもある購入時のカスタマイズは、付属のソフトウェアしか変更できません。

しかし、GALLERIA UL7C-R36に標準搭載のSSDは500GBで、少ないと感じることも。

参考として128GBで保存できる容量は以下のとおりです。

データの種別収まる容量
フルHD動画約20時間
1800万画素の写真データ約19240枚
AAC128Kbpsの音楽約32000曲
引用:IOプラザ パソコンの内部ハードディスク(HDD)に必要な容量はどれくらい?

SSDの容量やメモリ量を変えたいときには、あとから自分で分解して追加するか元から希望のスペックになっているガレリアを選んでください。

GALLERIA UL7C-R36の外観

続いて本体やキーボードを写真で紹介します。

シンプルで飽きのこないデザインでありながら、ゲームパソコンらしい工夫を取り入れています。

定番のロゴが入っている天板は汚れが目立ちにくいシルバーマット仕上げ。頻繁に持ち運んでも指紋のつきにくい塗装です。ディスプレイを開けるときに指を引っ掛けるくぼみは目立たないように作られています。

天板

極限までスリム化しているので、余計な丸みがなくエッジの効いた形をです。

ロゴ

大型のゴム足を装着し、激しいゲームプレイでも安定感をもたせています。写真で10本のネジを外すと裏ぶたを開けることができ、SSDの追加や内部の掃除を行えます。

底面

正面から見たところ。最薄部は実際の計測で約21.6mmで高性能にも関わらずかばんに入れても邪魔にならない薄さ。ディスプレイは指一本で開閉できるようになっています。

正面
厚み

側面にはUSB3.2-A を3つとSDカードリーダー(SDXC/SDHC対応)のスロット、ヘッドフォンの出力端子を装備。

側面
側面

側面に多い電源ケーブルの差込口は操作の邪魔にならないよう背面に付いています。USB-C(Thunderbolt対応)で幅広い周辺機器に対応できます。HDMI端子を使えば外部モニターへ出力でき、2画面でのマルチモニター環境も作れます。

背面

液晶を開けたところ。非光沢液晶で蛍光灯や太陽がディスプレイに映り込みにくく、光の強い場所や暗いところでも見やすい画面です。

上部にはWEBカメラを標準装備。難しい設定は不要でテレビ会議を行えます。

液晶

軽く開閉できるヒンジはノートパソコンの中でも消耗しやすい部品です。耐久性を重視した設計はもちろんのこと、全体のイメージを崩さないデザインになっています。

ヒンジ

ディスプレイの縁を狭くした4.5mmの薄型狭額ベゼル。全体のサイズをスリム化しつつ画面を大きく見せる効果もあります。

ベゼル

キーピッチが小さくなり超高耐久を持つ、ガレリアUシリーズ専用のキーボード。RGB-LEDライトの配色は自由に変更できます。

キーピッチ
夜間照明

付属品のACアダプターです。高出力なパソコンのためアダプターはコンパクトではありません。

付属品

スマートフォンとACアダプターの大きさを比較。GALLERIA-UL7C-R36はバッテリーだけでも9.6時間は駆動するため、長時間の使用でなければACアダプターを持ち運ぶ必要はありません。

ACアダプタ

ベンチマークテスト結果

ドスパラ公式ページに掲載されているベンチマークテストとは別に、テストで使われることの多いソフトを使って独自に調査した結果です。

使用したソフトはFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONのベンチマークソフトです。

ベンチマークテスト中

テスト結果は「とても快適」。FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONは負荷の高いベンチマークソフトなので、ほとんどのゲームは快適に動くといえるでしょう。

テスト結果

グーム中にキャラクターが複数登場したり動きの激しい場面でCPUやグラフィックボードに負荷がかかり発熱しはじまると、背面と側面に設けられた排熱口から内部ファンを使って熱を逃します。

排熱スロット

内部の熱を取り除くことで、パソコンが止まってしまったり動作が鈍くなることを防止します。

GALLERIA-UL7C-R36は中堅クラスのPCが欲しい方におすすめ

GALLERIA

GALLERIA-UL7C-R36が他のパソコンと大きく違うのはディスプレイ性能です。

高性能な内部パーツによって処理速度が向上しても、それを出力してユーザーに伝えるディスプレイ性能が追いついていなければ意味はありません。

GALLERIA-UL7C-R36について公式ページには以下のように書かれています。

4.5mmの極薄ベゼルで画面占有率94.5%の広さを実現。
240Hzの高リフレッシュレートによって細部まで描画される映像が、画面に引き込まれるような体験を演出します。

引用元:ゲーム空間をよりリアルに

CPUやグラフィックボードは違うガレリアシリーズでも選択できます。

しかしディスプレイはガレリアUシリーズのみ。

価格は172,980円(税込・Minecraft Starter Collection同梱版モデル)で安くはありませんが、最高のクオリティでゲームを楽しみたい方に検討して欲しいパソコンです。

目次
閉じる