MENU

GALLERIA RL5C-G50はガレリアでもっとも低価格なノートパソコン

GALLERIA-RL5C-G5

ドスパラの販売するゲーミングPCガレリアは現在3つのシリーズで構成されており、予算と用途に合わせた性能のパソコンを購入できます。(記事執筆時点)。

ドスパラといえばBTOによるカスタマイズで、購入時に仕様変更できることを特徴にしていましたが、ラインナップを増やして発注時の変更項目を減らすことにより目的のパソコンを選びやすくなりました。

そのなかでGALLERIA RL5C-G50はRシリーズに位置しており、低価格でゲーミングパソコンがほしい方におすすめです。

  • 低価格で初めてのゲーミングPCとしておすすめ
  • Ryzen5またはCore i5を搭載
  • 120Hz以上のリフレッシュレート対応で没入感が高い

Rシリーズには3つのパソコンをラインアップしており、今回は最安値となるRL5C-G50をレビューします。

ほかのGALLERIAを見たい方は公式サイトをチェックしてください。

RL5C-G50はドスパラおすすめランキング2位

ノートパソコンランキング

RL5C-G50はドスパラのおすすめゲームパソコンとして公式サイト内で2位を獲得しています。(2022年5月現在)

公式サイトに掲載されているユーザーレビューでは、ゲームの動作速度に関する高評価が多いようです。

まずはコスパ! 保証も充実していて安心。

サクサク動作してストレスなく使用できている。意外だったのは動作音がすごく静かに感じたこと。

届くまでが早くて梱包とかも凄い丁寧だった。届いて初日からすぐに使ってます。

前使っていたパソコンが使えなくなり、買い換えましたが、サクサクな動作で快適にゲームも出来ているし仕事も出来ています! 買い替えてよかったです!

価格が安いと性能も比例して低いと考えがちですが、GALLERIA RL5C-G50はコストパフォーマンスの優れたゲーミングPCとして認知されています。

目次

RL5C-G50のスペック

ディスプレイ120Hz 狭額ベゼル 15.6インチ 非光沢フルHD液晶(1920×1080ドット表示)
OSWindows 11 Home 64ビット
オフィスソフトなし
SteamSteamクライアントのインストール
CPUインテル Core i5 (6コア・12スレッド)
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
メモリ16GB
SSD512GB
カードリーダーSDカードリーダー (SDXC・SDHC対応)
サイズ360(幅) × 244(奥行き) × 20.0(高さ) mm
重量約2.0kg
持込修理保証保証期間1年

Windows11はパソコンに求められるシステム要件が厳しく、数年前のパソコンですらアップグレードできないことも。

RL5C-G50には標準搭載されているので、ゲームだけではなく新しいWindowsも体験できます。

16GBメモリはGALLERIAノートPCシリーズの上位モデルと同等です。メモリ消費の多いゲームでもCPUやグラフィックボードの性能を活かしきることができます。

RL5C-G50のベンチマーク性能

GALLERIAのなかで一番安く購入できるゲーミングノートですが、ゲーム中に停止したり動作が遅くては意味がありません。

実際にベンチマークソフトで動作を確認し、ゲームを満足して楽しめるかを調査しました。

低価格でも最新ゲームを快適に遊べる

ベンチマークテスト画面

定番のベンチマークソフトFINAL FANTASY XVで検証するとRL5C-G50は快適に動作することがわかります。

実際に数値を計測してみると画像品質ごとのスコアは以下のようになりました。

高品質3894(普通)
標準品質5633(やや快適)
軽量品質7341(快適)

FFベンチマークはキャラクターが同時に複数動くことも多く負荷の高いソフトです。

標準で「やや快適」なら、ほかのソフトでもストレスなく楽しむことができるでしょう。

モード切り替えスイッチで性能が変わる

モード切替スイッチ

RL5C-G50の電源ボタン横にある「モード切替スイッチ」を押すと、オフィスモードかゲームモードを選択できます。

ゲームモードへ切り替えることにより、CPUの動作速度が上がって処理が速くなります。ベンチマークソフトで調査するとスコアは83%も上昇しました。

ゲームモードテスト結果
FFベンチマーク標準品質

CPUの高速化に伴って発熱量も増加するため冷却ファンが高速回転し風の吹き出し音は大きくなります。

ゲームをプレイしないときにはオフィスモードを使うことで消費電力や動作音を軽減できるため、動作をカスタマイズするかこまめに切り替えて使うと良いでしょう。

付属のソフトでは電源のパフォーマンスやファンの動作速度をコントロールできます。

パフォーマンス設定画面

ほかのGALLERIAに比べるとCPUの性能は劣る

有名な性能試験ソフトCinebench R23を使いCPUの性能を数値化しました。

ほかのGALLERIAに搭載されているCPUと比較した結果は以下の通りです。

CPU性能
Ryzen 7 5800H
12,788
Core i7-11800H
12,180
Ryzen 5 5600H
9,439
Core i5-11400H
9,237

残念ながら価格に見合った順位となってしまいました。

とはいえ、ゲームプレイの快適性はCPU以外のパーツにも左右されるので、ひとつの目安として判断してください。

Core i5-11400Hは6コアの12スレッドとして動作するため、図のように複数のCPUで動作しているように見えます。

CPU稼働率

高価なCPUには及ばなくても複数のプログラムを同時にショルする能力に優れているので、ビジネスシーンなどでも活躍します。

ベンチマークでもっとも速いRyzen 7 5800Hを搭載しているのはXシリーズの「XL7R-R36 5800H搭載・169,980円(税込)」です。

RL5C-G50との価格差は54,000円なので、より高性能なパソコンが欲しい方は公式サイトで検討してください。

GALLERIA RL5C-G50を写真で解説

ゲーミングPCというと派手な外観を持つ商品が多いなか、GALLERIAのデザインは実用性を重視して作られています。

ゲームを楽しむためには、自分の思った通りにゲーム内容をコントロールできる操作性が重要だからです。

外観はシンプルで飽きのこないデザイン

RL5C-G50を購入すると紺色の箱に梱包されて発送されます。

簡易的なダンボールではないことが、妥協しない製品であることを感じさせます。

外箱

天板は汚れがつきにくいツヤ消しのシルバー仕上げ。GALLERIAのロゴマークはシンプルで飽きのこないデザインです。

天板
外観

画面を開きやすいように手前側の中央には切り欠きを設けてあります。

開閉時の重さも適度に調整されており、好みの角度にすぐ合わせられます。

開口口

底面のゴムは大型で安定性を確保。ゲームプレイ時にガタついて誤操作しないよう工夫されています。

底面

内面は使いやすさを重視

RL5C-G50を開いたところです。液晶画面は反射の映り込みが少なく、蛍光灯の多い部屋や太陽の下でもムラなく見られます。

内面

液晶を全開にすると47°まで開きます。外出先で角度の合わないテーブルを使うときでも見やすい角度に画面を調整可能です。

ディスプレイ角度

HD画質のWEBカメラをモニターの上部に備えているので、オンライン会議にそのまま参加も可能。

内蔵WEBカメラ

キーボードのボタン横はクリアになっており、RGB LEDで発色させることができます。

キーストロークは浅め。ボタンを押してから反応するまでの僅かな時間も短縮しています。

キータッチ

テンキーがあるとゲーム以外の場面でも入力効率がアップ。

テンキー

採用しているパーツの搭載を証明するシール

機能ステッカー

RL5C-G50の入出力端子

インターフェースはノートパソコンとして標準的な種類が装着されていますが、使用頻度や用途によって配置を工夫しています。

Bluetooth内臓なので、対応するマウスや周辺機器はワイヤレスで接続可能です。

背面のポート
  1. USB Type-C
  2. HDMI 2.1
  3. LANポート
  4. ACアダプター入力
背面

電源ケーブルは背面に接続するタイプなので、操作の邪魔になりません。HDMI端子を使えばダブルモニターで表示できます。

右側面のポート
  1. SDカードリーダー
  2. USB 3.1
  3. USB 3.1
  4. 通気口
右側面

右側面にはSDXC・SDHC対応のSDカードリーダーがあり、カメラで取ったデータを直接取り込めます。

使用頻度の高い高速なUSB3.1は、右手で抜き差ししやすいように右側に設置。

排熱するための通気口もあり、内部が高温になるとファンが自動回転してクーリングします。

  1. 通気口
  2. USB 2.0
  3. マイク入力
  4. ヘッドフォン出力
左側面

マイクとヘッドフォン端子は左側面にあります。

右利きの人が使うときにケーブルが操作の妨げにならないようにするためです。

RL5C-G50は仕事でも使いたい人におすすめ

ゲームの描写能力を最大限に生かして楽しめるかという点では、GALLERIAの上位モデルにおよびません。

しかし、3Dを多用するような処理の重いゲームを除けば快適に楽しめますし、軽量設定などにすればストレスなくゲームをプレイできるでしょう。

RL5C-G50に搭載しているパーツは動画や画像の編集でも能力を活かすことができるので、ゲームのヘビーユーザーではないけどグラフィック能力を必要とする作業にも使いたいという人に最適なパソコンです。

GALLERIA RL5C-G50には3種類のラインアップがあります。

  • 通常モデル 115,980円(税込)
  • Office Personal 2021モデル 137,980円(税込)
  • セーフティサービスモデル 110,480円(税込)

エクセルやワードも使いたいという方はOffice Personal 2021モデルがおすすめです。

分割払いでも購入できます

ドスパラのパソコンは分割払を手数料無料で利用できます。1回から48回までの分割なら、一括払いの金額と同じです。
※18歳以上の個人のお客様、30,000円以上の商品をご購入、支払い方法に分割払い(JACCS)を選択

目次
閉じる