MENU

AMDのRadeonを搭載したGALLERIA XA5R-66XTは高性能?他のGALLERIAとも比較検証

GALLERIAxa5r-66xt

ゲームを快適にプレイするために求められるのは、映像を遅延なく表示させる処理能力や細かいところまで表現できる解像度です。

GALLERIA XA5R-66XTに搭載されているCPUとグラフィックボードは、PlayStation5やXboxにも採用されているAMD製。

ゲーム専用機でも実証されている性能をそのまま再現できるゲーミングパソコンです。

またAMD製CPUは、2020年から市場での販売シェアを伸ばしていることから分かるように、多くのパソコンで採用されています。

CPU性能比較表
引用元:Mercury Research

さらにGALLERIA XA5R-66XT 5600Xへ搭載されているAMD Ryzen 5 5600Xは12スレッドでマルチタスクにも強いCPUです。

CPU動作表示

この事によりゲームだけではなく動画や画像編集でも、不満のない動作をしてくれるGALLERIA XA5R-66XT。

今回は実機をお借りすることができましたので、ゲームパソコンは欲しいけどインテルをベースにした構成がいいのか、AMD製がいいのか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

GALLERIA XA5R-66XT 5600X搭載のスペック

モデル名GALLERIA XA5R-66XT 5600X搭載
OSWindows 11 Home 64ビット (ディスク付属)
CPUAMD Ryzen 5 5600X (3.7GHz-4.6GHz/6コア/12スレッド)
グラフィックスAMD Radeon RX 6600 XT 8GB GDDR6
SSD1TB NVMe SSD
ハードディスクHDD 無し
メモリ16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
電源650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
オフィスソフトOffice なし
CPUファンScythe 虎徹 MarkⅡ
SteamSteamクライアントのインストール
光学ドライブ光学ドライブ無し
ケースGALLERIA専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)
付属品キーボード無し・マウス無し
持込修理保証保証期間1年

XA5R-66XTはシリーズの中堅モデル

ドスパラの販売するGALLERIAには3つのモデルがあります。

  1. Intel Core搭載モデル
  2. AMD Ryzen搭載モデル
  3. AMD RADEON搭載モデル
  4. GeForce搭載モデル

XA5R-66XTの該当するAMD RADEON搭載モデルは以下のラインナップです。

ガレリア比較表

ドスパラの販売するGALLERIAシリーズは種類が豊富なため、どれを買ったらいいかわからなくなることも。

これは、ドスパラの特徴でもある購入時のカスタマイズで基本構成となるCPUとグラフィックボードは変更できないため、なるべく多くの選択肢を用意しているからです。

XA5R-66XTはシリーズのなかでほぼ中間に位置し、価格は低価格帯寄りです。

20万円の予算で購入を検討している方には最適なパソコンといえるでしょう。

同価格で違うスペックのGALLERIAと比較

数多くの商品ラインナップは自分に合わせてパソコンを選べる反面、同じようなスペックや価格になることも多くなります。

例えばXA5R-66XTは、AMD Ryzen搭載シリーズのXA5R-R36と同じ価格(194,980円・税込)で販売されています。

GALLERIA価格表

XA5R-66XTとXA5R-R36はCPUもメモリ搭載量も価格も同じ。唯一違うのはグラフィックボードです。

グラフィックボードとは
高画質の画像や映像を映し出すためには、独立したグラフィックボードが搭載されているパソコンが必要です。

引用元:日本HP

それぞれのグラフィックボードは以下の通りです。

XA5R-66XTRadeon RX 6600 XT
XA5R-R36GeForce RTX 3060

商品ページには以下のようなベンチマーク結果も掲載されています。

仕様表

それぞれのベンチマーク結果を比較すると以下の通りでした。

ベンチマークXA5R-66XTXA5R-R36
Time Spy92978523
Fire Strike2466020286
Fire StrikeUltra64725147
PC Mark 1077707424

実際にべンチマークテストの結果を見ると、XA5R-66XTがすべてのテストにおいてXA5R-R36を上回る数値を出しています。

もしこの2機種でどちらを買うか迷っているときは、テストデータ重視ならXA5R-66XT、GeForceが好みならXA5R-R36を選ぶといいでしょう。

GeForceとRadeonの違い
パソコンゲームメーカーの多くは、GeForceを基準にして製作されています。このため、ゲームプレイを目的とする場合、動作保証が取れている点で有利になるでしょう。
Radeonについては、マルチメディア(映画やアニメ等)、動画再生能力が優れています。専用のソフト(PowerDVD等)を使う必要がありますが、例えば、24FPSや30FPSの動画を60FPSに補完する機能があり、滑らかに再生することが出来ます。

引用元:ドスパラ グラフィックボード性能比較

このデータはベンチマークソフト上のものであり、プレイ時間や描写の内容は実際のゲームと異なりますが、予算は決まっていてもパソコンの種類を悩んだときには参考にしてください。

XA5R-66XTの外観と内部構造

XA5R-66XTはGALLERIAシリーズ共通のケースデザイン。

ゲーム専用機というだけではなく、ビジネスシーンでも違和感のない外観となっています。

正面はロゴだけというシンプルさ。余計な凹凸もないので掃除もしやすいパネルです。

前面パネル

テーブルの下に置いたときでも操作しやすいよう、電源スイッチやUSBなどのインターフェースは斜め上向きに配置されています。USBポートは正面だけで4つあります。

前面インターフェース

側面は一部が半透明のパネルになっておりデザイン性を重視。メッシュ部分を通して新鮮な空気を取り込み内部をクーリングします。

側面パネル
通気口
排熱口

底面には排熱用のファンを設置し、取り外しできるカバーも付いています。

GALLERIAは通常のPCと違い冷却部品やグラフィックボードなどにより重くなっているため、底面についているゴム足は大型タイプです。

底面

背面には6つのUSBポートのほか各種インターフェースがあります。グラフィックボードにつながるコネクタはHDMIが1つ、DisplayPortは3つあり、全部モニターにつないでマルチモニターにすることも簡単です。

背面

空きスロットは6つあります。XA5R-66XTはもとから装備が充実しているので普通に使っているとすべてのスロットが埋まることはありませんが、メッシュ構造になっているので排熱面でも効果があります。

背面インターフェース

正面から見て左側を開けたところです。ネジ2本を外すだけでサイドパネルを外すことができ、簡単に内部のメンテナンスやパーツの交換を行えます。

本体内部

ゲーム中の描写シーンが複雑になると、CPUは発熱して手で触れないほどの温度になることもあります。ひどい場合は熱暴走を起こし動作低下や故障の原因になることも。

XA5R-66XTは大型ヒートシンクのScythe 虎徹 MarkⅡを標準装備し3機のファンで内部を徹底的に冷却します。

冷却ファン

CPU同様にグラフィックボードも2機のファンを使って熱対策は万全です。上面にもヒートパイプを通し効率的に冷却を行います。

グラフィックボード
グラフィックボード冷却部

本体前面に取り付けられた2つの大型ファンで内部を強制的に冷却。

前面内部ファン

さらに反対側のパネルもネジ2本で取り外し可能です。配線済みの電源ケーブルを使ってSSDを増設できます。

側面パネル内部

FFベンチマークの検証結果

公式サイトに掲載されているベンチマークの結果以外に、ゲームパソコンの検証で実際に多く使われている「FINAL FANTASY XV BENCHMARK」で計測しました。

設定値は負荷の高い「高品質」としましたが結果は「とても快適」です。

処理が重いと言われるFINAL FANTASY XV BENCHMARKで快適に動作するならば、最新で流行のゲームも問題なくプレイできるでしょう。

ベンチマーク結果
ベンチマーク動作画面

XA5R-66XTの購入が向いてる方

購入がおすすめな方とは

ドスパラで販売しているGALLERIAは種類が多いだけに、XA5R-66XTを購入するときのポイントとして以下の2つを挙げてみました。

  1. 予算は20万円以内
  2. AMD製のパーツを使っている

GALLERIAの価格帯は129,980円~539,980円(税込)まであります。

XA5R-66XTは最安値でもなければ高価すぎることもない位置づけ。予算上限を20万円ほどで決めている方には最適です。

コンピューターの性能を左右するパーツはIntel製が主流です。

しかしベンチマーク結果を見てみるとAMDのCPUやグラフィックボードの性能が劣っているということでもないため、長くAMD製のパーツを使ってきた方にとっては嬉しい構成といえるでしょう。

このように、XA5R-66XTは予算とユーザーの好みで購入を決めるのが向いているゲームパソコンです。

価格の近いGALLERIAシリーズ

XA5R-66XTの194,980円(税込)に近い値段のGALLERIAを紹介します。性能も似てくるので詳しくは公式サイトもご覧ください。

GALLERIA XA7R-R35 5700G搭載

GALLERIA XA7R-R35

GALLERIA XA7R-R35はXA5R-66XTのRyzen 5よりワンランク上のRyzen 7を採用。グラフィックボードはGeForce RTX 3050にすることで価格を抑えたパソコンです。

ゲーム性能を少し落としつつ動画編集や画像を扱う作業で能力を発揮しやすい構成です。

価格189,979円(税込)
CPURyzen 7 5700G
グラフィックGeForce RTX 3050 8GB
メモリ16GB
Time Spy
ベンチマーク
6590

>> XA7R-R35を見てみる

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core Windows 11 搭載

GALLERIA XA7C-R36

GALLERIA XA7C-R36はCPUにIntelのCore i7-12700を搭載し、グラフィックボードも含めAMD製パーツを使わないパソコンです。

Core i7-12700は、XA5R-66XTに採用しているAMD Ryzen 5 5600Xの6コアに対し2倍の12コアを搭載しています。

しかし、Time Spyのベンチマーク結果はXA5R-66XTが優秀。価格も5千円高くなります。

価格199,980円(税込)
CPUCore i7-12700
グラフィックGeForce RTX 3060 12GB
メモリ16GB
Time Spy
ベンチマーク
9040

>> XA7C-R36を見てみる

GALLERIA XA5R-67XT 5600X Windows 11 搭載

GALLERIA XA5R-67XT 5600X Windows 11 搭載

GALLERIA XA5R-67XT 5600XはグラフィックボードにRadeon RX 6700を採用し、ベンチマークソフトにおいてXA5R-66XTを大きく上回る結果を残しています。

過去にゲーミングPCを使っていて物足りなさを感じた方、パソコンのグレードアップをしたい方に最適なモデルです。

価格209,980円(税込)
CPURyzen 5 5600X
グラフィックRadeon RX 6700 XT 12GB GDDR6
メモリ16GB
Time Spy
ベンチマーク
11012

>> XA5R-67XTを見てみる

目次
閉じる